オンラインショップでリング(指輪)を買いたい。でもリングサイズが分からない!
そんな時に、簡単にリングサイズを測る方法をご紹介します。
指輪のサイズは、リングの円周(内周)で決まります。
正確に計測したい方は、宝石専門店などでリングサイズゲージを使って計測してもらうのがいいのですが、次の方法を使えば、ご自分でもリングサイズを簡単に知る方法があります。 (正しく測定できない場合もあります。)
※個人差もありますが、測る時間帯や体調により指のむくみが有る場合は、0.5号ほど変動します。 測る指の状況を考慮してリングサイズを決めてください。 また、幅広のデザインは少しキツク感じる事もあるので、やや大きめ(1~2号)の号数をお選び下さい。
紙とものさしで測る
指輪のサイズは、リングの円周(内周)で決まりますので、糸を指に巻きつけてその長さを測れば、指周りの長さが分かります。その長さ(円周)をリングサイズ対応表で調べればリングサイズが分かります。
  1. 1.用意するもの
    • ・コピー用紙など伸縮性がないもの。(幅5mmに切った紙)
    • ・マジック...紙に印をつけます。
    • ・ものさし...ミリ単位で測れるもの。
  2. 2.リングを着けたいと思う指のいちばん太い部分(第二関節あたり)が計測箇所です。
  3. 3.用意した糸を指の計測箇所に巻きつけます。
  4.   注) きつすぎず、ゆるすぎず調度いい感じで巻いて下さい。
  5. 4.紙が重なる部分にマジックで2本とも印を付けます。
  6. 5.紙を伸ばすと、2箇所にマジックで付けた印があります。
  7. 6.印と印の間を測り、下のリングサイズ換算表からリングサイズを調べて下さい。
リングサイズ表
Size17号19号21号 23号25号27号29号31号
リングの直径(mm)18.331919.66 20.332121.6622.3323
指の外周(mm)57.659.761.8 63.9666870.172.3

注:あくまでも目安ですのでリングスケールにて測定することをお勧めいたします。
デザインにより同じサイズでもきつく感じたり緩く感じたりする場合があります。

シルバーアクセサリーの作り方についての説明

  • ワックス写真

    弊社のシルバー商品はワックスという方法で製作しております。
    シルバーアクセサリーのデザインが決まったらまずワックスを製作していきます。
    ワックスはろうそくとプラスチックの間ぐらいの硬さでしょうか。
    道具は歯医者さんが使う道具を使ったりその人使いやすい道具で彫っていきます。
    慣れるまではなかなかうまくいきませんが慣れれば意外と簡単に彫れていきます。
    最近ではレザーで彫る機械があるのでパソコンで3Dデザインを描けば
    ボタン一つで彫れます。便利ですねぇ。

  • 金型写真

    ワックスが出来上がってので次の工程に移ります。
    画像にはありませんがワックスで砂型を取ってから金属を流し込みます。
    そうすると上部の型のように出来上がります。
    金属で金型を作ることにより細かい部分の模様がつぶれたりすることを
    防ぐことができます。
    指輪の場合は各サイズの金型を作っていきます。
    みなさんのイメージではサイズ直しなどでサイズを調整していると思われている方も
    おられるようですが、シルバーの場合は各サイズごとに型を作っています。

  • 完成写真

    型ができたので次の工程に移ります。
    画像は完成したペンダントですが型から取り出したシルバーを磨く工程になります。
    バフがけなどをして一つずつ丁寧に磨いていきます。
    磨かれたシルバー鏡より反射率が高いので非常に光っております。

    磨きが終ったら、次は燻し(いぶし)を入れる工程に移ります。
    燻しはシルバーを空気中にさらしておくと黒くなってしまう科学反応を
    人工的に行う作業です。
    空気中の硫黄成分と反応して黒くなるみたいです。
    私も本で読んだことがあるぐらいの知識です。
    硫黄成分の入った液体でふき取るだけで黒くなっていきます。
    さらに、磨くと凹んだ部分だけが黒く残ります。
    燻し加減は自分でも簡単に調整できます。
    次のコーナーで説明したいと思います。
    そうすると画像のようなシルバーアクセサリーになります。

    ※画像をクリックすると拡大されて表示されます。

Q. シルバー925とはなんですか?
A. 925とは、銀の含有率のことです。1000分の925は銀で、残りの75は別の金属(当方は銅になります)という事になります。他にも950という含有率もあれば、まさしく銀のみの場合もまれにあります。ただ、業界では925がスターリングシルバー(純銀)として扱われています。925も純銀も価値の差はほとんどありません。
Q. なぜ純銀ではなく、他の金属を混ぜるのですか?
A. 銀は、金属の中ではやわらかい性質を持っています。純銀ですと変形、亀裂など破損しやすくなるために他の金属を入れてアクセサリーに向く強度にしてあります。傷も入りやすく、銀の良さを引き立たせる為には925、あるいは950(銀粘土の場合)の割合が適しています。
Q. カスタムはできますか?
A. カスタムにつきましてはブレスレット、ウォレットチェーンの長さ調整などはできません。もし、他にもありましたら当方までご相談ください。
Q. 黒くなったのですが、どうすればいいですか?
A. シルバーは、「硫化」といわれる黒くなる科学反応が起きます。通常であれば、市販の「シルバー磨きクロス」等で磨いてください。身につけないときは、ジップ付きのビニールに入れて保管してください。
Q. チェーンが黒くなって、磨いてもきれいにならないのですが。どうすればいいですか?
A. 市販の「シルバー専用クリーニング液」に浸けてから、水でよく液を流し「シルバー磨きクロス」で磨くときれいになります。
Q. 届いたリングのサイズが合わなかったら?
A. お届けしたリングのサイズが合わなかった場合は、交換いたします。ただし 在庫があり未使用に限ります。リングサイズ交換にかかる往復の送料は、お客様にご負担となります。
Q. シルバー製品はメッキ、コーティングはしていますか?
A. シルバーの輝きを楽しんでもらうためにも、基本的にメッキ、コーティングはしておりません。

ページトップへ